詳細:

ベルギー出身のファッションデザイナー、マルタン・マルジェラ(Martin Margiela)の作品集。本書は2017年3月から8月にかけてベルギー・アントワープの「モード美術館(MoMu – Fashion Museum Antwerp)」、2018年3月から9月にかけてフランス・パリの「パリ装飾芸術美術館(Musée des Arts Décoratifs)」、そして同年10月から2019年3月にかけてスウェーデン・ストックホルムの「アーティペラーグ(Artipelag contemporary culture center)」で開催された同名展覧会に伴い刊行された当時のカタログを2024年に再刷したもの。

展覧会および本書は、作者がフランスの高級メゾン「エルメス(Hermès)」にて1997年から2003年までの間、レディースプレタポルテのデザイナーを務めていた時代にフィーチャーしている。当時手がけたコレクションやイメージフォト、ドローイングを数々の図版で堪能できる一冊。

作者の仕立て・技術・素材の革新と、着心地・永遠性・触感を重視した新しいファッションの視点は、観る者に感動を与えるためではなく着る人を喜ばせることを第一の目的とする服を生みだした。また若さに固執するのではなく様々な年齢の女性を受け入れる余地を残した女性像も登場し、それにより美に対する新しいビジョンが生まれた。

サイズ:

240 x 300 mm

仕様:

ハードカバー / 280ページ / カラー、白黒