NAMACHEKO AW21 “PLATO’S FALLOUT”

9月 12, 20211 Minute

先日立ち上がりを迎えたNAMACHEKO AW21コレクション。ブログでご紹介する前に1st、2ndデリバリーと届き、当店セレクトは全て入荷済み。ここにきて更にグンッと完成度を高めてきた素晴らしいシーズンです。

1970年代から80年代にかけて活躍したドイツの映像作家・Rainer Werner Fassbinder(ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー)の作品から着想を得たという今季のコレクション。

ファスビンダーが捉えた、社会に抗いアンダーグラウンドの世界で⽣きる、若いアウトサイダーたちが持つ強い精神こそ、生き残ることが困難になった現代に必要であると考え、彼らのパンキッシュでボヘミアンなスタイルを独創的で神秘的なデザインで表現した。

モヤのかかった空間の中、前髪で目を覆ったモデルが歩き回る様はダークでアンダーグラウンドな雰囲気。WWDのレビューでは、ヒエロニムス・ボスの作品「快楽の園」やニューヨークの伝説的クラブ「CBGB」、ドイツの弁護士兼出版社Klaus Staerkなどのレファレンスが見て取れると書いていますね。やはりアートとの繋がりがNAMACHEKOらしい。

Namacheko AW21 Look27

Namacheko AW21 Look14 2

Namacheko AW21 Look07

Namacheko AW21 Look13 2

Namacheko AW21 Look28

そんな中、当店がセレクトしたのはデンマークのテキスタイルメーカーKVADRAT社の生地を用いたジャケットやパンツ、とにかく色味が素晴らしいニット類、そして、人気のデニムシリーズが中心。クラシカルでありながらブランドのアイデンティティーが色濃く反映されたアイテムだと思います。

これからニットウェアはオンラインストアにもアップする予定ですが、店頭では全てご覧頂けるので気になる方は是非。

オンラインストアはこちらから。

シェア